" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
社会・経済ニュース ブログトップ

初乗り500円タクシー 強制値上げに国を提訴!!強制値上げの理由は!? [社会・経済ニュース]





格安タクシーで有名な初乗り500円タクシー、国が格安料金の是正を求めていることに対し、「ワンコインタクシー」を営業する「ワンコインドーム」は国を相手に訴訟を起こしました。

「ワンコインドーム」は大阪市西区にある会社で、大阪では500円タクシーといえば知名度抜群です。

私も、仕事の関係上大阪市で数年間働いていたのですが、終電がなくなったときには初乗り500円タクシーを狙って家まで乗って帰っていました(^^)

消費者にとってはありがたいタクシーだと思うのですが、国がこの格安料金に是正を求めています。

是正を求めるまでの経緯を簡単にまとめてみましょう。

【経緯】
 〇過当競争の是正などを目的に、今年の1月「改正タクシー事業適正化・活性化特別措置法」とやらが施行されました。

 〇これにより、国が定めた公定幅運賃が大阪では初乗り660円~680円と決まり、4月から運賃変更が義務付けられました。

 〇しかしながら、「ワンコインタクシー」は4月以降も値上げを申請せず、15日以内に是正するよう国から勧告を受けました。

 〇この国からの勧告に従わない場合、「車両の使用停止などの行政処分を下す」ということです。

 〇そこで、初乗り500円の「ワンコインタクシー」吉岡社長は「ワンコインブランドの消滅により顧客離れを起こし、営業利益の大幅低下を招く」、また「憲法が保障する営業の自由に反する」ということで訴訟を起こしました。


ざっくりこんな流れです。

でも、確かに「ワンコインタクシー」って何がいけないんでしょうか。

僕も愛用していただけに、何がいけないのか理解できません。

別にタクシー業界は独占業界でもあるまいし、ただの企業努力の結果であり、消費者にとってもありがたいと思うのですが(^_^.)

自由競争でいいじゃん、社会主義じゃあるまいし。って思うのです。

そこで、そもそもこの「改正タクシー事業適正化・活性化特別措置法」とやらの目的を少し調べてみました。


【改正タクシー事業適正化・活性化特別措置法】

小泉政権時代に実施したタクシー業界に対する規制緩和で、 タクシーの台数が増えすぎて競争が過熱。

タクシードライバー賃金の低下や労働時間の長期化など処遇が悪化、またタクシーの事故が増加しまた。

そこで、ドライバーの処遇改善等のために当特別措置法が成立しました。

内容は、以下の通り

  ①需給調整の強化
    ⇒特定地域における参入・増車の禁止、減車の強制

  ②運賃規制の強化
    ⇒特定地域等では運賃の幅を公定

これにより、「タクシーの台数を減らし、運転手の健康や処遇、さらには安全性を向上させる」というのが狙いだそうです。

しかしながら、どうやら小泉政権の規制緩和や、その後に行われた民主党政権の規制強化の前後を見ても、タクシーの事故率はほぼ変わっていないようです。

だから、あまり規制緩和・規制強化は事故率増減の原因ではないと考えるのが普通でしょうね。

それに、ドライバーの処遇向上もいいですが、タクシーの台数減らすこと目的にしたら、現ドライバーで職を失う人も出てきそうな気がします。。

しかもこの法案、自民党・公明党・民主党による議員立法とのことで、政府の規制関係審議会はパス

そのためマスコミもほぼノーチェックで、特定秘密保護法に隠れて可決・成立しています。

自由主義に反しそうですが、今後の裁判の行方が気になるところです。。。


人気ブログランキング登録してます。よかったらご協力ください。

人気ブログランキングへ







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

渡辺喜美代表 DHCから8億円借入!?週刊新潮に手記掲載 [社会・経済ニュース]






<渡辺喜美代表 DHCから8億円借入!?週刊新潮>


またしても政治家関連のニュースが報道されました。

みんなの党代表の渡辺喜美氏が、化粧品やサプリメントの販売会社で皆様おなじみのDHCの吉田会長から8億円を借入していたという手記が週刊新潮に掲載されました。

この8億円もの大金、収支報告がされていないみたいですが、もし政治資金に活用されていれば政治資金規正法や公職選挙法に抵触する恐れがあります。

そうなると、前東京都知事の猪瀬氏と同様に立件されてしまう可能性があります。

なお、DHCの吉田会長の手記では2010年10月に計8億円貸し、5億円超が現在も返済されていない旨が記載されています。

一方で、渡辺喜美氏が衆院に提出した12年12月時点の資産報告書には借入金は2億5千万と記載されており、DHC吉田会長の手記とは異なっております。

3月26日、渡辺喜美氏は「個人として借りた。利息の返済も含めて支払は個人で行ってきた」とあくまで個人で借りただけで、政治活動などには使用していないとのコメントを発表しております。


渡辺喜美.jpg


現状では白か黒か分かりませんが、今後政治資金に使われた可能性があれば東京地検特捜部が動いて徐々に事実が明らかになっていくでしょう。

前東京都知事の猪瀬氏が5000万円であれだけマスコミに叩かれ大事になりましたから、政治資金として活用している可能性があると判断されれば渡辺氏も立件は確実でしょう。

それにしても8億円も個人で借りるってなかなか考えられませんね。何に使ったんでしょうか。

また、なぜこのタイミングでDHCの吉田会長は週刊新潮に公表したのでしょうか。

色々と疑問が残る記事です。


人気ブログランキング登録してます。よかったらご協力ください。

人気ブログランキングへ





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

清原和博が薬物疑惑!?真相はいかに。 [社会・経済ニュース]






こんにちわ(^^)

清原和博といえば、元プロ野球選手で引退後もTV番組に出たりしているので知らない人はほぼいないでしょう。

先日、そんな清原氏が「薬物使用が原因で入院した」という記事を週刊文春が書いておりました。

なぜそんな記事が書かれたのでしょうか。

火のないところに煙はたたず、どうやら知人の証言が根拠となっているそうです。

その証言によると「清原氏が覚せい剤などの禁断症状で苦しみ、昨年病院でいわゆるシャブ抜きのため入院した」とのことです。


個人的な意見ですが、知人の証言だけでは根拠にならんでしょうが(ーー;)
そんなんでいちいち記事にされてたら有名人もたまったもんじゃないな。と思っていました。

ただ、どうやらその証言の真実味が増す清原氏の奇妙な行動がいくつか目撃されているみたいです。


たとえば、TV番組の収録中にいきなり汗を吹きだし震えだし、踏ん張らないと立っていられない状態になったり、今年の冬に新宿高級ホテル周辺を短パン姿で不審者さながらにさまよっていたりなど、相次いで奇行が目撃されているとのことです。

短パンでさまよっていたのは不審者というか、まぁたまにそういう人いますしね!
新宿歩いていると、外人とか平気で半袖Tシャツの人とかいますし!!

ただその奇行に加えて、今年2月に週刊文春の記者がそんな清原氏を突撃したときのことです。

清原氏は「事務所とおしてこい!」と怒り出し、記者が持っていたICレコーダーをへし折り、さらにそのICレコーダーで自分の手を傷つけ、駆け付けたガードマンや看護師に「こいつにやられんや!」と怒りまくっていたそうです。

もともと清原氏にはそういう噂はあったみたいなのですが、その背景には奥さんとの不仲説もあるみたいです。

以前に銀座のクラブのママとの不倫が取り上げられたり、そういったところで奥さんとの仲が冷え込んだと推測されているそうです。


この件に関し、清原氏側は「入院の原因は糖尿病である」と反論。

加えて、薬物疑惑などの記事を掲載されたことに名誉棄損として「法的手段を講じて対抗することも検討する」と対決の構えを見せております。


糖尿病か薬物か。どちらであるか気になるところですね(^_^.)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

クリミア情勢のまとめ!クリミアで何が起きている!? [社会・経済ニュース]






こんにちわ!

緊迫しているロシアとウクライナの情勢ですが、何が起こっているのでしょうか。
また、ウクライナのクリミア半島はなぜ焦点となっているのでしょうか。。


今回の問題の経緯は大体以下のとおりです。


【流れ】
 2月下旬、ウクライナで首都キエフや西部で大規模な反政権デモ勃発!
            ↓
 親露派の政権が崩壊!!
            ↓
 しかしウクライナのクリミア半島は人口約200万人のうち6割がロシア人!
            ↓
 クリミア半島では新たに発足した親米欧派の暫定政権を認めず!
            ↓
 ロシアがここに乗じ、ロシア系住民やロシア軍人の保護を名目に軍事介入!
            ↓
 アメリカやEU諸国が反対!

てな感じです(ーー;)
ちなみに、クリミアのロシア住民はこの軍事介入に歓喜しているそうです。


ただ、クリミア半島にロシア人が多いことは分かりましたが、それだけで軍事介入ってわけでも
ないのです。


なぜロシアはクリミア半島にこだわっているのでしょうか。


そもそもクリミアは元はロシア領だったとのことです。


しかし、1954年に旧ソ連のフルシチョフ書記長が、ロシアによるウクライナ併合300年を記念し、
クリミアの帰属をロシアからウクライナに変更したのです。


そのためもあるのか、ロシア人は今もウクライナを独立国と認めていない節もあるとか。


そんな中、冒頭に述べたように新欧米派の政権が発足されたら、EUやNATO加盟を目指されて
しまうロシアとしてはかなり憂鬱な事態となります。


だから必死なのです(ー_ー)!!


しかし、3月6日(木)、EUは理事会(?)を開催する予定とのことです。


その中身次第(ロシアが緩和しない場合等)は、経済制裁の可能性もおびてきます。


まずは明日のEUの議題内容や決定事項を確認したいところです。


今後はどうなっていくのでしょうか。当分目が離せないです。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

『アンネの日記』の真実とは [社会・経済ニュース]




こんにちは(^^)v

最近東京や横浜の図書館や書店で読めないように破かれるといった被害で『アンネの日記』が話題になっております[ダッシュ(走り出すさま)]

『アンネの日記』は第二次世界大戦時のナチスドイツによるユダヤ人大量虐殺が行われていた時代の、ユダヤ人の生活を描写した小説です(^_^.)

著者は13歳のユダヤ系ドイツ人の女の子、アンネ・フランクであるとされており、彼女の死後、父オットー・フランクの尽力により出版され、世界的ベストセラーになりました[ひらめき]

しかしながら今、『アンネの日記』の真実として著者はアンネ・フランクではなかったのではとの噂もあるそうです[あせあせ(飛び散る汗)][ふらふら]

その根拠としては以下のとおりです。

【根拠】
 ①アンネの日記は古典的ドイツ語で書かれているが、アンネ・フランクはオランダで生まれたため
  オランダ語を話す。13歳で死亡しているため、古典的ドイツ語を自由に操れるほど堪能ではない。

 ②『アンネの日記』の筆跡と、アンネ・フランクが友人宛に送った手紙の筆跡がかなり異なること。

 ③『アンネの日記』はボールペンで書かれているが、ボールペンが一般に出回ったのは1951年。
  アンネの生存中はかなり高級品であり、アンネが持っていたとは考えられないこと。


では、いったい誰が何の意図で書いたのでしょうかねー(^^)

真実が気になるところです[ダッシュ(走り出すさま)]

気になって(というか暇潰しに)ネットサーフィンしてましたらこんな話を発見しました[ひらめき]

著者の真実とは・・・

『アンネの日記』は実はアンネの父、オットー・フランクがアメリカのユダヤ人作家、メイヤー・レビンに依頼して書かせたもの。その対価としてメイヤー・レビンに5万ドルが支払われた[ひらめき]


ふむふむ(ーー;)
ではいったい何のためにというところですね。。。

『アンネの日記』は戦勝国がドイツを悪にするために仕立て上げたプロパガンダ本である!!

ということでした[ひらめき]

確かに歴史を見てみても、都合の悪い真実は勝者に消されてしまうということもあるみたいですね[あせあせ(飛び散る汗)]

ドンキホーテドフラミンゴではないですが、正義は勝つって当たり前、勝者こそが正義だ!
みたいな感じもあるかもしれません[exclamation]

まぁ、『アンネの日記』の内容が真実であるかどうかにかかわらず、図書館や書店の本をぶち破りまくっているのはどうかと思いますけどね[あせあせ(飛び散る汗)][わーい(嬉しい顔)]





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

キムヨナ現役引退後の活動 [社会・経済ニュース]






こんにちは[わーい(嬉しい顔)]

先月ソチオリンピックも無事(?)終了しました[ひらめき]

結果として日本は長野五輪に続くメダル獲得数で良かったという声もあれば、競技の採点基準が疑問視される事態もありました[ダッシュ(走り出すさま)]

ただ、やはり一番一般観衆にとって注目されたのはフィギュアスケートでしょう[わーい(嬉しい顔)][るんるん]

浅田真央選手は、SPで失敗してしまいましたが、フリーでは自身の最高得点をたたき出し、3回転ジャンプを8つ成功させるなど、記憶に残る演技をしてくれました(^^)/

一方、韓国のキムヨナ選手はミスのない演技で銀メダル!
しかしながら韓国内では採点がおかしいという署名運動を行い、IOCに採点のやり直し等を求めているとか。。。

結果採点のやり直しはありませんが、キムヨナ選手は現役引退を表明しています[ダッシュ(走り出すさま)]

では、その後に何をする予定なのでしょうか??

現在キムヨナ選手は、IOC選手委員に立候補する意思を表明しているとのことです[ひらめき]

IOC委員の定員は115名で、うち選手委員が15名だそうです!

選手委員に選ばれると、開催地候補の決定投票に参加できたりするとのこと[ひらめき]

選手委員は、直前の五輪に参加した選手もしくは現役の選手が立候補できるみたいです[exclamation]

キムヨナ選手がソチ五輪で引退した場合、選手委員になれるのは2018年に開催される平昌五輪です(^^)/

ただし、韓国にはほかにも重量挙げ韓国代表のチャン・ミラン選手が立候補を表明していたり、射撃のジン・ジョンオ選手も興味を示していたり、なかなかライバルは多いそうです[ダッシュ(走り出すさま)]

仮にキムヨナ選手が選手委員に選ばれた場合、五輪のフィギュアスケートにどのような影響が出るかも気になるところです[わーい(嬉しい顔)]

それにしても、確かに五輪の採点基準とかって曖昧なところあるし、もう少し明確にしてくれた方が見ている方としても後味がいいんだけどなぁ(^_^.)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
社会・経済ニュース ブログトップ

人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。